情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2013年12月5日  ニュース

学生トークショーが開催されました!

情報デザイン学科2年生では、

世の中にあるさまざまな問題をデザインによって解決する方法を探ることで、

自身のデザインの考え方を身につける!という授業を行っている真っ最中です。

 

その途中段階として今回は、

「ロングライフデザインとは?」をテーマに、学生同士でトークショーを行いました。

 

学生それぞれが、「これは、ロングライフデザインではないだろうか?」

というものを持ち寄ったり、調べたものを準備し、トークがはじまりました。

 

こちらのトークでは、ある学生が長年遊び続けてきたぬいぐるみを紹介しています。

 

ブログ用02*

 

またこちらのトークでは

何やらプレーン味のパンや、ジャムについてトークが展開されています。

 

ブログ用01*

ブログ用04*

「プレーン味のパンが長く好まれているのは、

ジャムを塗ったり、さまざまなものと組み合わせてアレンジできるからではないかな?」

 

「長く愛されるロングライフデザインになるには、アレンジできるような隙間が必要なんじゃないかな?」

 

といったトークが

ときには笑いを交え、ときには迷走しながら進んでいきました。

 

ブログ用03*

「トークショー」形式で普段の授業と少し違った

大勢の前で自分の意見を話すという行為は、学生にとって良い経験となっただけではなく

お互いの考え方を聞き合うことで、自分自身の「ロングライフデザイン」についての概念を

新たに見つめ直すきっかけになったのではないでしょうか?

 

 

スタッフ:ハシジ

関連記事

<383384385386387>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。