文芸表現学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年4月17日  ニュース

英語で読む村上春樹

 
皆さん、英語はお好きですか?
あるいは、村上春樹はお好きですか?
 
どちらもあまり・・・という方は別として、
とても魅力的なNHKのラジオ番組「英語で読む村上春樹」のメイン講師を、
この春より、文芸表現学科の新元良一先生が担当されることになりました。
 
nhk
1年をとおして、村上春樹の短篇2篇を英語で読む内容です。
前半は「踊る小人」、
後半は「トニー滝谷」です。
 
どちらも、個人的にとても好きな短篇ですが、
「トニー滝谷」は昨年、文芸表現学科の学生と、東北芸術工科大学の学生たちと一緒に読んだ作品で、以前(大学生の頃ですから、少し昔の話です・・・)に読んだときの印象とまったく違っていて、その面白さを再認識した作品ですので、とても楽しみにしています。
 
私もこれを機に少し英語を勉強しようかと思ってみたりもしていますが、
高校生の皆さんや、在学生の皆さんにもぜひおススメですので、
週末の夜は、NHKラジオに耳を傾けてみてください。
 
 


放送  日曜23:00~23:30
再放送 翌土曜12:10〜12:40
NHKラジオ第2放送
番組HP:https://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/english/yomu/
 
 
(文・スタッフ 竹内里実)

関連記事

<170171172173174>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。