情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年5月14日  ニュース

地質プロジェクト合評

コミュニケーションデザインコース3回生の

「地質プロジェクト」の合評が先日行われました。

この授業は産学技術総合研究所との共同で行われ、

 

「そもそも地質って何?」

と、まずは自分たちが地質について学ぶことから始まりました。

 

地質とは地面より下の地層や岩石の様子や性質のことです。

つまり私たちの立っている足下のこと。

とっても身近なことなのに、

なかなか馴染みのない「地質」について

どうやったら一般の人々によく知ってもらい、

その魅力を伝えることができるか。

そこにデザインが必要だ!と、一ヶ月にわたり、グループで

模索したそれぞれの成果物を発表しました。

 

IMG_5962

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各グループがプレゼンテーションにも個性を発揮し、

短期間のプロジェクトにも関わらず、力作が揃いました!

 

IMG_6036

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6025

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リーフレットやロゴマークの提案がある中、中高生に親しんでもらう

ためにコントを作ってしまうグループも登場しました!

 

IMG_5993

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モグラの目線で地質について語っています。幅広いアイディアが生まれましたね〜

それぞれ反省点もありましたが、しっかり地質の魅力を

全員が感じ取り、伝えることができたプロジェクトとなりました。

 

 

授業の最後には、このプロジェクトに関わって頂いた、

ジオガシ旅行団の鈴木さんから地質にまつわるお菓子を頂きました!

 

IMG_6002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スコリアという火山噴出物の一種です。(軽石のようなもの)

本物そっくり!

もちろん石の味はしません。とっても美味しい高級なお菓子の味でした!

思わぬご褒美に歓声が上がり、発表内容もお菓子も大好評のなか

合評は終了しました。

 

IMG_6008

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ:フジカワ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

<341342343344345>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。