情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年6月27日  ニュース

特別講義 映像業界セミナー

_MG_0436

6/18に株式会社ILCAの代表岩崎さんとアートディレクターの岩下さんをお迎えし、

「現在の制作現場と未来の映像メディアの可能性」と題した特別講義が行われました。

この日は映像作品を制作している学生や映像業界への就職を希望する学生が多数参加しました。

 

ILCAさんは、テレビ番組の制作や人気アイドルグループ「でんぱ組.Inc」の映像制作や

ゲームのデザインなど映像分野で幅広くお仕事をされており、

講義の中ではテレビやインターネットなどで見たことがある映像がたくさん紹介されました。

またILCAさんは京都にもスタジオがあり情報デザイン学科の学生も映像制作に参加させていただいています。

 

_MG_0447

_MG_0435

 

講義ではILCAさんが制作された映像を見ながら映像業界の現状やこれからの

映像表現についてお話しいただきました。

 

_MG_0477

 

特別講義の後にはILCAさんの会社説明会とポートフォリオ相談会も行われ、

学生達にたくさんのアドバイスをいただきました。

 

今回は現在の映像制作の現場でどのようなことがおこっていて、

どのような人材が求められているのかを知ることができる大変貴重な機会になりました。

今回の講義を受講した学生たちが今後どのような作品を制作するのかとても楽しみです。

 

スタッフ:ヨシモト

 

 

 

iluka01

 

画像提供:株式会社ILCA

 

iluka02

画像提供:株式会社ILCA

 

株式会社ILCA http://www.ilca.co.jp

 

関連記事

<337338339340341>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。