情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年7月30日  授業風景

【授業紹介】TIO最終回

 

前期の授業も最終週となり、課題の講評がそれぞれ行われています。

1年生授業のTIOでは、『「家」をテーマにそれぞれが考察したことを、目で見える形で伝える』という課題の展示発表を行いました!

 

 

展示風景1

展示風景2

 

 

6月の初旬からおよそ7週間にわたってこの課題に取り組み続けて来た学生たち。

まずたくさんのアイデアを出し、そこから絞り込んで試作品を作り、

それをみんなに見てもらってアドバイスを受けてと、

どれもいくつものプロセスを経て完成したものです。

 

 

作品1

作品2

作品3

 

 

この課題に学生はどのような気持ちで取り組み、完成させたのでしょうか?

情報デザインコース1年生の桶川真由子さんに感想を聞いてみました!

 

~~~~~~~~~~~

最初に家がテーマと発表された時、正直、どうやって表現したらいいんだろう?、

どんな風に作ればいいんだろう?と不安でいっぱいでした。

初めてのことばかりで完成するのかもわからず、ドキドキしていました。

 

制作中は細かい所を直す作業が大変でした。このくらいでいいや、と思ってしまうのではなく、

ひとつひとつの作業を丁寧にやることが大切だと学んで、何度も何度も印刷したり、

カットし直したりしました。

その作業を手を抜かずにやったので、クオリティの高い作品が出来上がり、

結果として、評価してもらえたことがとても嬉しかったです。仕上げのクオリティを上げることは、

これから自分がやっていく”デザイン”に深く関わることなので、それが学べてよかったです。

 

今回、作品を制作して、そしてみんなの作品を見て、普段深く考えないことをたくさん考え、

今まではなんとも思わなかった周りの出来事にも、関心を持つようになりました。

また、純粋に実家の家族に会いたいなとも思いました。次の課題はもっとやってやるぞ!という

気持ちにもなるいい課題でした。

 

(情報デザインコース/桶川真由子さん)

~~~~~~~~~~~

 

他にもこの授業全体を通して、日常生活でもいろいろな角度から物事を見るようになった、

自分以外の人のアイデアにたくさん触れて、視野が広がったなどといった感想がありました。

 

専門の授業は後期までしばらくお休みですが、前期に学んだことを忘れずに、長い夏を過ごしてほしいですね!

 

スタッフ:ナラダテ

関連記事

<310311312313314>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。