マンガ学科

日常風景

  • LINEで送る

2011年6月30日  日常風景

ミュージカル 宮(クン)

「ミュージカル 宮(クン)」を京都南座で観てきました。

 
歌舞伎座でミュージカルというのは、
不思議な光景でした。

 
3,4年前だったか友人に勧められた韓流ドラマがこの「宮」でした。
私の韓流ドラマ視聴デビューの作品です。

 
ドラマを見たとき、
まさしく日本の少女漫画スタイルを踏襲していた
ストーリーラインでとても驚いた作品でした。
原作がもともと韓国の少女漫画だったから、
そう思ったのも当然ですね。

 
韓国のお芝居やミュージカルは出演者への「花」の代わりに
この頃は「米」が並んでいると噂にきいていたので、
もしかして、南座にも「米」が。。。。

 
と思っていたら、花と一緒に風船や熊のぬいぐるみが飾ってありました。
思わず可愛いと思い、写真に撮ってきました。

 
そういえば今テレビで韓国版「イタズラなkiss」が放送されています。
台湾版はまだみていないのですが。
高校生の時、夢中になって読んでいた漫画が時を経て、
日本以外のところでドラマ化されるのは不思議な感じです。

関連記事

<404405406407408>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。