映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年9月27日  ニュース

「破れタイツ」監督作品 したまちコメディ大賞2014 グランプリ受賞!!

 

映画学科2期生の西本マキさん吐山由美さんが2人で監督を務めるユニット

破れタイツ」の作品『女子!読み切り!コミックワールド!』(2014年)が

したまちコメディ大賞2014」にてグランプリを受賞しました!

 

program_sub_compeu2

 

「したまちコメディ大賞」は東京 上野・浅草で2008年より開かれている

したまちコメディ映画祭in台東」の中の短編映像コンペティション部門で、

コメディ映画界の未来を支える新たな才能発掘の場になっています。

 

審査員は吉田大八監督、女優の洞口依子さん、漫画家・コラムニストの

辛酸なめ子さん、同映画祭総合プロデューサーも務めるいとうせいこうさん。

 

 

映画祭は今回で7回目ですが「破れタイツ」監督作品は
第4回『じ ぞ う』(2011年)に続く2度目のグランプリを受賞!おめでとうございます!!

 

 

関連記事

<381382383384385>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

  • LINEで送る

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。