情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年10月9日  ニュース

Né-net デザイナー髙島一精さんがやってきた!!!

 

先週、服部滋樹先生の授業でNé-net デザイナー高島一精さんの

特別講義が行われました!

Né-netです!あの黒ねこのキャラクターが大人気の!

学生達も前の週からずっとわくわく楽しみにしていました。

 

講義は服部先生との対談形式で行われ、ブランド誕生秘話や、

Né-net名前の由来(学生もびっくり!)、ISSEY MIYAKE時代の苦労エピソードなど、

髙島さんの穏やかなお人柄もあり、笑いをまじえての楽しいトークで始まりました。

 

IMG_6067_2

学生の中にはファンも多く、スライドの画像に歓声が上がる場面もありました。

デザイナーとしてのこだわりや、取り組まれている最新のお仕事の話など、

どれも刺激的なお話ばかりで、学生達の目はまさにキラキラ!(←今期のNé-netのテーマでもあります!)

 

IMG_6111_

そんな中、話題は髙島さんが近年夢中になっている郷土玩具の話になりました。

髙島さんは全国各地の郷土玩具に興味があり、地方に行った際にはかわいい玩具を

買いあさるのだそう!

 

IMG_6048_2郷土玩具の魅力について熱く語る髙島さん。この日一番のテンションでした!

繊維産業と同じく後継者不足に悩む郷土玩具の世界。髙島さんは若い人にもそのかわいさを知ってほしいとNé-netのキャラクター「にゃー」とのコラボレーションで新たなキャラクターを生み出しています。

 

IMG_6091_2

後ろの写真は北海道の木彫りと「にゃー」とのコラボレーション。

か、かわいい!!!

残すべき物が多くある中で、何をどうやって残していくのか服部先生と熱い議論が

繰り広げられました。

 

以下は情報デザインコース、2年生の山崎裕可里さんの感想です。

====

ファッションデザイナーの方が、日本の伝統技術、おもちゃを残そうと活動されているのは意外でした。にゃーから伝統を知ってもらうことで、伝統が残っていくことに私は賛成です。貴重なお話をありがとうございました。

====

 

最先端のファッションブランドのデザイナーさんから、

日本の伝統産業の行く末のお話が出るとは学生達も想像していなかったでしょう。

とても刺激的な一日となったようです。

 

髙島さんがお土産でくださった、ブランドムック本とその付録のトートバッグです。

かわいいっ!さて、誰の手に渡るのでしょう!?

写真

 

 

Né-net

http://ne-net.net/index.html

 

にゃーほーむぺーじ

http://nya-shop.net/top.html

 

 

スタッフ:フジカワ

 

 

 

 

 

 

関連記事

<296297298299300>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。