文芸表現学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年10月31日  授業風景

学生が取材に挑戦! ーKBS京都へ

 

 

昨日は制作基礎Ⅱ(近藤雄生先生・河田学先生)の授業でKBS京都へ取材に行きました。

 

まずKBS 取締役・村上祐子さんが、ご挨拶して下さいました。
村上さんはKBS京都のアナウンサーでもあり、ラジオ編成制作局長でもあります。

 

IMG_2743

 

取材にあたって

「『なぜ』と思ったことを口にして聞く事が、編集で重要。だから、みんな気軽に聞いて良いからね。」と

編集制作局長ならではの的確なアドバイスを下さいました。

 

 

慣れていない取材をするということで緊張していた学生たちですが
村上さんが面白く、優しく話して下さったおかげで笑顔に。

 

IMG_2750

 

 

さあ、いよいよ取材です。まずはラジオの収録現場へ!
IMG_2757

 

初めて見るラジオの収録現場に、目を輝かせる学生たち。
収録していたラジオのパーソナリティーである

KBS京都アナウンサー・森谷威夫さんにインタビューをしました。

 

IMG_2771

 

お会いして早々、気さくに話しかけてくださり、
おもしろ弾丸トークが止まらない森谷さん(笑)。
学生も大爆笑で、インタビューも大盛り上がりです。

 

IMG_2785IMG_2788

 

 

インタビューの後はRadio Masterという所へ。
ここで全てのデータをチェックし久御山送信所へデータを送るという、とっても重要な所だそうです。
IMG_2805

IMG_2810

 

続いてはTV Masterへ。
ここはテレビのデータをチェックするところ。
TV Masterが静かな時は、問題なく配信されている証拠だそうです(笑)。

 

IMG_2816

 

 

そして、最後にラジオディレクター・田中雅子さんにインタビュー。

 

IMG_2845

常にラジオのネタがないかアンテナを張っているという田中さん。
休日でも気付いたら、ラジオのネタを考えてるそうです…!

ラジオの仕事が大好きで、生き生きと仕事について話す田中さんの話を
学生たちも真剣に聞いていました。

 

 

IMG_2833

こうして取材は無事に終了しました。

 

 

KBS京都の皆様、ありがとうございました。
昨日の取材から、どの様な記事になるのか楽しみですね!

 

 

(スタッフ・鈴木真美)

関連記事

<129130131132133>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。