情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年11月12日  ニュース

アートアニメーションを楽しもう!国際アニメーションデー2014 in Kyotoが開催されました!

 

10月28日は世界でアニメーションを初めて一般公開した日と言われ、

アニメーションの日となっています!

 

IAD_KUAD_07 

国際アニメーションデーの京都会場となっている

京都造形芸術大学 望天館1階では

10月31日に、ASIFA-JAPAN 会長の木下小夜子さんにお越しいただき、

アートアニメーションの上映会がおこなわれました!

 

IAD_KUAD_02

国際アニメーションデーとは、

アニメーションの日の、10月28日近日に世界各地でアニメーションを上映し、

アートアニメーションの普及と発展のため、

面白さや良さを共有しよう!という企画です。

さて、今年はどのような優れた作品が上映されたのでしょうか!?

 

 

上映プログラムはコチラ!

PROGRAM_1 ブルガリア学生アニメーション作品特集

PROGRAM_2 広島国際アニメーションフェスティバル受賞作より

 

 

PROGRAM_1 ブルガリア学生アニメーション作品特集では、

作者が学生ということもあり、

学生でこれほど迫力のある作品が作れるのかと驚かされる場面も!

 

PROGRAM_2 広島国際アニメーションフェスティバル受賞作よりでは、

プロのアニメーション作家の抜かりない技術やストーリーに圧巻されたりと

息つく間も無く上映は進んでいきました。

 

IAD_KUAD_01

IAD_KUAD_04

作品が上映される合間には

木下さんから解りやすい作品の解説や、

作者についての貴重なエピソードもお聞きでき、

作品以外でも驚かされることが…!

 

IAD_KUAD_05

感情豊かなキャラクター、アニメーションの動きを生み出すには

「アニメーターは役者でなければいけない!」とお話いただき

アートアニメーションの奥深さや面白さを

体験できた上映会になったのではないでしょうか?!

 

17:00からの上映開始にも関わらず

80人以上もの方にご来場いただきました。

ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました!!

 

IAD_KUAD_06

 

スタッフ:ハシジ

関連記事

<283284285286287>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。