情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年11月28日  授業風景

【授業紹介】文字彫刻特訓を行いました!

先日、3年生のタイポグラフィの授業で文字彫刻を行いました。

文字彫刻とは木や石などに彫刻刀を使って文字を彫ることで、

墓石や表札などでも馴染みがありますね。

 

今回は彩玉ボードという板に文字を彫刻しました。

この素材は木材と違って繊維方向がないので、非常に滑らかに

線を彫ることができます。下書きしたボードに、薬研彫りという

溝がV字型になる彫り方で彫り進めます。

 

IMG_1607IMG_9812

 

文字の形体を実際になぞることでより理解が深まるという

ことが狙いの授業ですが、みんな彫るという作業に熱中し、

その姿は真剣そのもの!

文字は自分の名前だったり、好きな単語だったり、

それぞれが自由に選んだのですが、

選んだ文字によって難易度も違ったようです。

もっと簡単な文字を選べば良かったと後悔する人もちらほら。

曲線や直線、それぞれの文字の持つ特徴を身をもって体感したようですね。

 

_MG_9823

 

_MG_9854

 

この授業ではこれまでにも文字を学ぶために様々な実習が行われてきました。(実習の様子はこちら)

現代ではデザインの世界でもパソコンで文字を入力することがほとんどで、

文字の形体一つ一つについてじっくりと向き合う機会は少なくなってきています。

そのような中で実習を通して文字を体得するという非常に貴重な経験を

学生達は積んでいるようです。

 

_MG_9853

 

スタッフ:フジカワ

 

 

関連記事

<291292293294295>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。