情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年12月5日  ニュース

【授業風景】1年生 身体×恊働

後期授業も半分が過ぎ、1年生の授業では「身体×○○」をテーマとした3つの課題を行いました。

 

まずは身体×時間をテーマとした「5秒ダンス」。

UNIQLOCKをヒントに、身体で時間の感覚をとらえます。

スクリーンショット 2014-12-05 17.49.24

スクリーンショット 2014-12-05 17.49.49

 

 

そして身体×情報のテーマでは「BODY TYPE」という課題を行いました。

普段見慣れた文字を自分たちの身体を使って表現していきます。

img04394

身体×リズムでは身体を使って音を出す「ボディバーカッション」の課題。

膝をたたく、手を叩く、声を出す、足で床を踏み鳴らす・・・やってみると

意外にたくさんの音が身体ひとつで生み出せるという事がわかります。

今回はその音をグループで組み合わせ、曲を作るように構成します。

スクリーンショット 2014-12-05 10.42.16 スクリーンショット 2014-12-05 10.42.58

迫力のある演奏や、会場を巻き込むもの、ストーリーのあるものなど、

同じ条件で作ってもここまで違うものかと驚かされました!

 

最後にはふりかえりを行い、他のグループを見てどう思ったか、または

ここをこうしたらもっとよくなるなど、自分の表現した事が他者には

どのように映ったかを確認していきます。

2014-10-01 09.33.47

普段は見過ごしてしまいがちな時間・文字・リズムを自分の身体でもって

向き合うという今回の課題。これをきっかけに、当たり前の生活の中にも

発見を探すという姿勢が身に付いたのではないでしょうか?

この姿勢をこれからのデザインにも生かしていけると良いですね。

 

 

 

スタッフ:ナラダテ

関連記事

<275276277278279>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。