情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年12月8日  ニュース

映像メディアコース 卒業制作最終審査!

先週映像メディアコース4年生の卒業制作最終審査がおこなわれました。

 

北村

今回の卒業制作は映像作品、プロジェクションマッピングの技術を使ったインスタレーション作品や写真、また実際に遊ぶことのできるゲームや、映像を観賞する空間自体を制作するという大規模なものまで、様々な種類の作品が展示されました。

今回の審査が4年間の集大成となるため、学生達はとても緊張していました。

山本01

山本02

近藤

4年生は今年の4月から3回のプレゼンテーションを経て、今回の審査を迎えました。

卒業制作は、今までの課題とは違い自分自身でテーマを決め制作を行います。

制作期間も今までのどの課題よりも長いためスケジュールをたて、計画的に試作を行う必要があります。

自分でテーマを探し、1年間かけ表現方法を模索しながら作られた作品はとても見応えがあり、映像という一つ発点からこのような多彩な発展があるのかととても驚きました。

早川01

 

早川02

今回の作品が、卒業展でどのように展示にされるのかとても楽しみですね!!

2月に本学で行われる卒業展に皆様も是非お越しください!!

 

○京都造形芸術大学 卒業展・修了展

2月21日(土)−3月1日(土)

 

スタッフ:ヨシモト

関連記事

<274275276277278>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。