アートプロデュース学科

ニュース

  • LINEで送る

2015年1月28日  ニュース

【新刊情報】 『学力をのばす美術鑑賞 ヴィジュアル・シンキング・ストラテジーズ : どこからそう思う?』刊行

福のり子先生が代表をつとめる、京都造形芸術大学アート・コミュニケーション研究センター。

当センターが2011年から2012年にかけて開催した連続セミナー:ヴィジュアル・シンキング・ストラテジー(VTS)の講師であるフィリップ・ヤノ ウィン氏(元ニューヨーク近代美術館教育部 部長)が、対話型鑑賞に関心のある学校関係者に向けて『Visual Thinking Strategies』(ハーバード大学出版局刊行)を2013年に執筆しました。

 

このたび同著を当センターが翻訳し、『学力をのばす美 術鑑賞ヴィジュアル・ シンキング・ ストラテジーズ:どこからそう思う?』として、今月15日に淡交社より発売されました。

 

VTSとは、グループの対話を介した美術鑑賞法です。アートを通じて鑑賞者(学習者)の「観察力」「批判的思考力」「コミュニケーション力」を育成するこの教育プログラムは、美術だけでなく算数、社会、理科など他教科へも応用できるメソッドであるところが特長です。

 

本書は主に、「そもそも対話型鑑賞って何?」「対話型鑑賞には関心はあるが、どうやって導入したらいいのかわからない」と思われている小中学校の先生方や美術関係者、コミュニケーションを通した学習に興味のある方に向けて、きわめて実践的な内容になっています。

 

 

淡交社HPほかインターネット、お近くの書店などにて是非お求めください。

 

 

—-

『学力をのばす美術鑑賞 ヴィジュアル・ シンキング・ ストラテジーズ:どこからそう思う?』
著者:フィリップ・ヤノウィン
翻訳:京都造形芸術大学アート・コミュニケーション研究センター
出版:淡交社
価格:2700円(税込)
淡交社オンラインショップでのお求めは こちら

acopbook

 

aspASPer-01

 

 

関連記事

<181182183184185>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。