情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2015年1月30日  ニュース

【授業紹介】技術の基礎を身につけよう!

 

後期授業も終了し、ほっと一息つくと思いきや

テストやレポートの提出でまだまだ賑わっているこの頃ですが

今回は、情報デザイン学科 2年生の授業についてご紹介します!

 

2年生の授業では

作品制作に欠かすことできない

作品制作のための、技術の基礎について学ぶ授業があります。

 

紙以外にも印刷でき、布やプラスチック等の特殊な素材に印刷する際に

必要になるシルクスクリーンなどの印刷技術について学ぶ授業や、

 

KUAD_02

KUAD_03

アートアニメーションの世界や

手描き、コラージュなどによるアナログニメーションについて学ぶ授業、

 

KUAD_05

KUAD_04

物の形をモデリングし、アニメーションによる動きも付けるなど

3DCGについて学ぶ授業、

 

KUAD_01

学内だけではなく、時にはカメラを持ち学外に飛び出て

散策し撮影しながら写真について学ぶ授業、

 

KUAD_06

KUAD_07

などなど授業の種類数も多く、

すべての授業をご紹介しきれませんが

それぞれ個性的な授業内容になっているだけではなく、

基礎をきちんと身につける授業になっています!

 

2年生で学んだ基礎は、3年次に応用編として生かされます。

 

長い春休みを利用して

課題制作だけではなく、自主制作など

さまざまな場面で基礎の力が発揮できると良いですね!!

 

 

スタッフ:ハシジ

関連記事

<272273274275276>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。