情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年2月18日  授業風景

交換留学生ワークショップ

_MG_0379

こんにちは、情報デザイン学科スタッフのヨシモトです。

今回は、映像メディアコース3年生の後期最終授業でおこなわれた、

交換留学生デニスくんのワークショップについてご紹介します。

 

みなさんGIFアニメってご存知ですか?

複数枚の静止画を使って作られており、同じシーンがループし続ける特徴があります。

 

デニス君はこのループの効果を使い作品を制作しています。

ここでデニスくんの作品をいくつか紹介します。

 

taro-4-looped

 

fiona-1-short

 

example-with-timeline-1

 

一見写真のように見えますが、画像の一部分のみが動いておりとても不思議な雰囲気ですね!!

デニスくんは使用する画像を加工し、このような独特な雰囲気のある作品を制作しています。

 

今回はデニス君が使用したこの手法を使って、みんなでGIFアニメを制作しました。

 

_MG_0367

 

ワークショップを体験した学生の作品を紹介します。

 

シャーペン_2

 

↑中西さんの作品

無限に出続けるシャーペンの芯、これもループの特性をうまく使っていますね!!

 

11223014_baba

 

↑馬場さんの作品

不思議な雰囲気とかわいらしさがありますね!!

 

今回は、ループ効果や動くエリアを限定するなど、とてもシンプルな手法を使ったワークショップでした。

しかしそのシンプルな効果も、使い方、考え方によって、様々な表現ができるということを、

あらためて考えるきっかけになりましたね!!

 

_MG_0353

 

デニス君の交換留学期間は終わってしまいましたが、今後の彼の作品がとても楽しみです!!

また日本に来た時は情報デザイン学科に遊びにきてくださいね!!

 

スタッフ:ヨシモト

 

 

 

 

関連記事

<256257258259260>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。