情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年4月13日  授業風景

新学期スタート!

こんにちは。
桜も少しずつ散り始めた頃、いよいよ今年度の授業がスタートしました!

 

image-2

ピカピカの新入生、最初の授業は「コミュニケーション基礎」です。
この春出会ったクラスメイトと、言葉だけでは無く、手や身体を使って

コミュニケーションを取る事で、最初は緊張して硬い表情だった新入生達も、

笑顔で授業を楽しんでいました。

高校までとは全く違う授業形態に驚きや発見も多かったのではないでしょうか。

image-6

ただ授業を受けて終わりではなく、この授業には「自習」の時間があります。

この時間に授業をしっかりと復習する事で、何故楽しかったのか、

何が新鮮だったのか、をノートに書き留めていきます。

 

時にはグループで話し合いをし、お互いのノートを見せ合いディスカッションを

する事で、ノートの内容を深めていきます。

この時間が実はとっても重要なのです。「体験」を「言葉」に置き換える事で、

漠然とした感覚が自分の頭の中にすっきりと整理され、理解が深まっていきます。

image-3

 

みなさん、これから4年間かけて、今日の新鮮な気持ちを忘れず、

貪欲にどんどんと学びを深めていきましょう!

 

スタッフ/伊藤

関連記事

<249250251252253>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。