情報デザイン学科

日常風景

  • LINEで送る

2015年5月7日  日常風景

連休明けの様子

5月に入ると一気に気温が上がり、GW中は夏日も多かったですね。

長い連休が明け、本日から授業も再開です!

 

授業のワークショップ中の様子です。

_MG_8313

連休中はどのように過ごしていたのでしょうか。

学生に話を聞いてみました。

 

高知の砂浜美術館へ行って来たという鈴木さんと内橋さん。

写真-10お土産の日向みかんと共に。

 

砂浜美術館ではTシャツアート展という展覧会が開催されていました。

 

IMGP3567 IMGP3521

砂浜に様々なイラストが施されたTシャツが並びます。

天気も良く、屋外での作品鑑賞を満喫してきた様です。

 

また、手塚治虫記念館へ行って来たという黒川くんは、普段、春秋座でスタッフとしても仕事をしているそうで、来月行われる舞台「アドルフに告ぐ」のリサーチも兼ねて記念館へ行って来たのだそうです!とても有意義な休日の過ごし方ですね。

http://www.kyoto-art.ac.jp/events/914

 

他にも、家族旅行へ行って来たという人、休みの日も変わらず大学へ来て課題や制作をしていたという人、京都市内の展覧会を回っていたという人等、様々な連休だった様です。

 

休日は、リラックスをしてしっかり身体を休める事も大切ですが、様々な場所へ出かけて情報を吸収する事も大事ですね。各々、有意義な休日を過ごせたのではないでしょうか。

沢山リフレッシュ&インプットをして、元気に前期授業の再スタートを切りましょう!

 

スタッフ/イトウ

 

関連記事

<232233234235236>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。