情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年5月27日  授業風景

【写真表現】スタジオ実習

こんにちは、

情報デザイン研究室スタッフのヨシモトです。

今回は3年生の写真表現の授業を紹介します。

この授業では、スタジオや学外での撮影実習を通して、

自分なりの写真観を見出すことを目的としています。

 

IMG_1481

今回は人物写真(ポートレート)というテーマで撮影実習を行いました。

学生達は、初めて触る本格的な照明機材に興味津々でした。

 

IMG_1471

先生は機材のセッティングをする際に、屋外で撮影する太陽光と、スタジオでの照明の違いや、

被写体にあたる光の計測の仕方など、とても分かりやすく学生達に説明しておられました。

 

IMG_1475

↑このジェネレーターを使って光の量を調節します。

 

 

IMG_1483

バック紙をセットして準備完了です!!

 

 

はたしてどのような写真が撮れたのでしょうか?

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

撮影:庵逧未森さん

庵逧さんの写真は、人物の顔にあたる光の角度を意識してとてもカッコイイ写真ですね。

 

 

高山

撮影:高山花蓮さん

高山さんの写真はポーズがとてもユニークですね!!

被写体全体に光があたっておりとても綺麗ですね。

 

同じスタジオで、同じライトを使用して撮影しても、撮り方によって印象が違いますね。

今回の実習では、ライティングの基礎知識と人物撮影について学びましたが、

今後学生たちがどんな写真を撮影するのかとても楽しみです!!

 

 

スタッフ:ヨシモト

 

 

 

関連記事

<226227228229230>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。