情報デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2015年6月3日  イベント

【特別講義】水野健一郎さんをお迎えして!

先日、3年生 イラストレーションコースの授業で、アニメーションクリエーターの水野健一郎さんをお招きしました!水野さんは、アニメーションの他にもドローイング・ペインティング・グラフィックデザインなど、幅広いメディアを用いて作品を発表されているアーティストです。

 

今回の特別講義では、そんな水野さんの制作に関する貴重なお話を沢山お聞きしました!

052902
水野さんは、自分のラフスケッチやドローイングを何十年も前からストックされているそうです。

 

水野さん曰く、

「さりげないラフスケッチでも、それぞれの作品が自分の現在に繋がる。

そんな『繋がり』から新しい物語が生まれるかもしれないし、

過去の作品のストックに宿る自分の断片な意識やアイデアも、

現在の自分が制作をする時のエネルギーになる。」 とのこと。

052904

年代別で紹介していただいた水野さんの画像ストックには、なんと高校生の時の作品まで!!

やはり今の水野さんの作品と繋がるところがあるような・・・。それにしても、量も表現の仕方も、凄い数です!

 

052905 

授業が終わったあとも、制作のコンセプトや作り方についてなど、

沢山の質問にとても丁寧に答えてくださった水野さん。

 

052901

 

聴講した学生からは、「とりあえず手を動かさないといけない!創作意欲をかき立てられました。」と

やる気のみなぎる感想が聞こえてきました。

今の自分の活動が、何十年先の未来に繋がっているんだと思うと、何だかワクワクしますよね!

 

 

キラキラした未来を感じつつ、今をもっと頑張れるような

素晴らしいお話を聞かせてくださった水野さん。

どうもありがとうございました!!!

 

 

スタッフ:リョウ

関連記事

<236237238239240>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。