情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年6月12日  授業風景

【授業紹介】3年生授業・表現演習

前期の授業も半分が過ぎ、本格的な制作が始まる授業が多くなってきました。

 

3年生授業の表現演習では、版画、写真、アニメーション、タイポグラフィなど

様々な表現方法から一つを選び、その技法を掘り下げて学んでいきます。

4年次の卒業制作で、ここで身につけた表現が生かされることも多く、

発想を形にするために欠かせない授業のひとつです。

 

その中のひとつ、グラフィック表現では様々な印刷の技法を学びます。

写真 1

写真 2

一口に印刷といっても、シルクスクリーンといった版画の技法だけでなく、

写真やデジタルプリントなどを含めた広い範囲で印刷をとらえて制作を行います。

写真 4

写真 3

来年の2月にはこの授業の展示も計画されており、それまでにどのような作品が生まれてくるか、楽しみです!

他にも様々な授業で学内・学外を問わず展覧会が開催されます。

お近くの際はぜひご覧くださいね!

 

 

 

スタッフ:ナラダテ

関連記事

<219220221222223>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。