情報デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2015年7月2日  イベント

雑誌「アイデア」の作り方

梅雨らしい湿った空気が漂う京都ですが、

先日、第22回目となる「タイポグラフィ特講」が行われました。

 

8961696341BgwJx8j4L._SY344_BO1,204,203,200_ 41ivuDnhUyL._SY344_BO1,204,203,200_

世界中のデザイナー、美術系大学の学生に愛読されている雑誌「アイデア」の

企画、編集、デザインをされている白井敬尚形成事務所から

白井敬尚氏、加藤雄一氏、江川拓未氏にお越しいただき、

そのデザインプロセスなどをお話していただきました。

 

_MG_7916_2

素材の写真撮影をしているところや、

取材/インタビューへ同行している様子、

具体的なデザイン業務の様子などなど。

 

実践的なお話から、”雑誌をデザインするということ”についての哲学まで。

時代の先端を切り拓くデザイナーと、そのクリエイティブワークを紹介している

雑誌「アイデア」の制作現場ならではのお話を、たくさんお聞きできました。

 

_MG_7912_2 

_MG_8050_2

 

私たちが普段なにげなくページをめくっている雑誌ですが、

さらりとした紙面の裏には膨大な制作プロセスが存在します。

 

ひとつひとつのプロセスに向かい合い、

誠実に物作りをされている講師の皆さんの姿勢に、

聴講した学生達もとても感銘を受けたようです。

 

10月にもまた違うテーマで「タイポグラフィ特講」を開催します。

一般公開の特別講義ですので、ご興味をお持ちの方は

次の機会に是非お越しください。

 

スタッフ:森川

 

—————————-

7月12日は一日体験入学の日!

情報デザインコース・イラストレーションコースの普段の授業の

雰囲気が体験できるこの機会に、是非参加してみよう!

詳しくは京都造形芸術大学 ホームページで。

—————————-

 

 

 

関連記事

<208209210211212>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。