情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年7月3日  授業風景

1年生授業・表現技法基礎

1年生授業の表現技法基礎をご紹介します!

この授業ではデッサンや基本的な平面構成について学びます。

毎週違った題材で静物デッサンや風景デッサン、色彩構成などを

行っています。

1

2

個人で作業に没頭する姿は、一見、対話やコミュニケーションを大切にする

情デらしくない授業にも見えますが、対象をじっくりを観察する態度は、

情報デザイン学科での「問題を発見して、解決する」という能力にも通じます。

 

また、全員の作品を並べて行う講評では、同じものを描きながらも

違った見え方になるのを実感でき、自分のスキルアップにもつながりそうですね!

3

前期の授業も残り少なくなってきました。

成果や展示や講評会の様子を、これからもどんどんご紹介していきます!

 

—————————-

7月12日は一日体験入学の日!

情報デザインコース・イラストレーションコースの普段の授業の

雰囲気が体験できるこの機会に、是非参加してみよう!

詳しくは京都造形芸術大学 ホームページで。

—————————-

関連記事

<207208209210211>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。