情報デザイン学科

日常風景

  • LINEで送る

2015年8月12日  日常風景

【3年生】夏休みの登校日

夏休みを迎えた大学はとても静かですが、3年生は9月末に開催される

学生作品展に向けて、夏休み中も制作にはげみます!

 

学生作品展は学祭と同日に開催される展覧会で、3年生は全員参加します。

外部から見に来られる方も多く、卒業展にもつながっていく重要な展覧会です。

イラストレーションコース3年生は先日、展示計画と制作状況のチェックを行いました。

写真 1

床一面に置くとなかなか迫力がありますね!

 

これらの作品は1人につき9枚の絵を描くという課題で制作されました。

ただし、好きなものを9枚描いてくるのではありません。

様々な規則で選び出したいくつかの言葉からインスピレーションを得て、

絵に起こしていきます。

本番では、どの絵がどのような言葉から制作されたのかも併せて展示します。

言葉と絵を比べながら見るのも楽しそうです!

写真 2

今回ご紹介した9枚の絵以外にも、雑貨や、作家研究から制作された作品など、

いくつかの課題作品が一挙に展示されます。

イラストレーションコースの柔軟な表現の一端を垣間見ることができそうです!

同日には学祭も開催されますので、お祭りに来たつもりで気軽に立ち寄ってくださいね!

 

~~~~~~~~~~

【学生作品展】

 

日時:9月19・20日/10:00~18:00

場所:京都造形大学各所

(情報デザイン学科は人間館3階)

 

~~~~~~~~~~

 

関連記事

<191192193194195>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。