情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年9月4日  授業風景

【授業風景】夏休みの特別講義

夏休みのさなかに行われている、集中講義を紹介します!

IMG_4099

集中講義とはおもに長期休暇中に行われる授業です。

およそ7日間で完結するプログラムが組まれ、みっちりとつまった

授業内容が魅力です。

 

この表現技法基礎IIでは2~3年生のデッサン経験者を中心に、

さらなるスキルアップを目指して、様々な描画法に取り組みます。

表現力を高めることはもちろん、数年後に控える就活、たとえば

CGやゲーム、アニメーション関連の会社では、高度なデッサン力が

求められることも多く、そういった分野に興味のある学生にとっても

作品を集中して制作できて、指導も受けられる絶好の機会です!

 

今日は着彩デッサンを行いました。

モチーフは夏らしく茄子とししとうです。

IMG_4101

IMG_4102

朝から夕方までと長時間の講義ですが、集中力を切らさずに

描いていますね。

描き終えたら、全員の作品を一面に並べます。

他の人の作品から発見したことを、すぐに次の日から生かせるのも

集中講義ならではですね。

 

今後も人物デッサン、石膏デッサンなどに取り組みます。

この授業はまだ始まって3日目ですが、残りの日程もがんばっていきましょう!

関連記事

<185186187188189>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。