情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年4月22日  授業風景

【授業】オフィスのデザイン!

先日、伊藤直樹先生による

「一般的な日本のオフィスを新しくデザインする」

という全3回のワークショップが

コミュニケーションデザインコース3年生で行われました!

 

伊藤直樹先生は日本を代表するクリエイティブディレクターとして、

ナイキやグーグルなど数々の有名企業のCMを制作をされており、

国内外で高い評価を受けておられます。

 

一見難しいように思われがちですが、この授業はオフィスの問題点を発見し、

解決するために形にする(デザインする!)という授業です。

 

まず1回目は、

チームに別れオフィスの問題点についてディスカッション。

学生には馴染みのない場所なので苦戦している様子でしたが

実際に企業のオフィスに訪問しリサーチするなど、

熱意を持って取り組む学生もいました。

 

2回目では、

チームで考えたデザイン案をプレゼンテーション。

コーヒーメーカー、時計、ファイル、山積みの書類など

オフィスにあるものからヒントを得てそれぞれが発表し、

「このデザインは本当に問題解決へとつながるのか?」と

伊藤先生と学生の間でのやりとりが授業終了後もしばらく続いていました。

 

全3回という短い授業ですが、ビジュアル的なデザインだけでなく

問題点を見つけ解決するというデザインの役割についての

難しさや面白さを再確認できた授業だったのではないでしょうか。

 

最終回は、学生たちが考えたデザインを実際に

企業に持ち込む(インターンシップ)ためのプレザンテーションを行います。

問題点は学生のデザインにより解決できるのか?

これから、どのようにオフィスが生まれかわるのか楽しみです!

 

情報デザイン学科スタッフ: ハシジ

 

授業風景_04

 

授業風景_01

 

授業風景_02

 

授業風景_03

関連記事

<430431432433434>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。