こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年9月19日  授業風景

ツペラツペラ先生が学園祭に来てくれました!

学園祭の初日に、こども芸術学科客員教授ツペラツペラ先生が、3回生による前期の制作と活動の成果展示の会場にお越しいただき、合評会を行いました。

sIMG_0207

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツペラツペラ先生は、亀山先生と中川先生の2人によるユニットであり、今回は中川先生にお話をしていただきました。

先生は、絵本やイラストレーションをはじめ、工作、ワークショップ、舞台 美術、アニメーション、雑貨など、様々な分野で幅広く活動してます。絵本など、著書多数で、海外でも様々な国で翻訳出版されています。NHK Eテレの工作番組「ノージーのひらめき工房」のアートディレクションも担当していまして、多方面で活躍中です。

sIMG_0271

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こども芸術学科は、3回生から3つのゼミに分かれて、自身の制作や活動を深め、さらなる専門領域を学んで行きます。今回の学園祭の作品は、まだ自身のやりたいことを探りながら一つ一つ見つけ出そうとしている段階です。

その中でも、こども芸術学科の学生達は、確かに自身のやりたいことに真摯に考え向き合いつつ取り組んでいます。まだまだこれからではありますが、作品を見るとすでに皆違う方向を向いて歩きはじめていることがわかります。

sIMG_0216

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sIMG_0295

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sIMG_0297

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sIMG_1936

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中川先生は、まだ迷いながらも制作している学生の作品に対する説明と、今将来どうして行きたいかの話も丁寧に一つ一つ聞いて、丁寧かつわかりやすくお話していただきました。様々な経験からのお話は具体的で、学生もイメージをつかめ、学生達の心にしっかり届いているようでした。発表で緊張した学生達でしたが、先生のお人柄もあり、あたたかな空気の中、様々な発見と、素直に学ぶことが出来、充実した時間になりました。

sIMG_0287

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、先生を囲んで皆でパチリ。

sIMG_1940

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は、中川先生ありがとうございました。

 

※ 学園祭は、明日(9/20日)まで開催しています。こども芸術学科の多様な制作を是非見に来てください。会場の中では、こども芸術学科を紹介するブースもあり、過去の学生の作品や活動の映像、学科の概要を見て聞くことが出来ます。こども芸術学科の展示会場は、人間館の4階のNA413室になります。

 

(教員・村山)

 

 

 

 

 

関連記事

<113114115116117>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。