情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年10月5日  授業風景

架空雑誌「大学二年生」?!絶賛制作中です!

 

秋のコミュニケーション入学も終わり、

いつもの見慣れた授業風景に戻りつつある今日この頃、

情報デザインコース 2年生の授業では、

架空雑誌「大学二年生」の制作が進行しています!

 

「○年生」という雑誌名を聞くと

小学生向けのふろくも楽しめる、あの懐かしい雑誌を思いだしますが、

その名の通り「大学二年生」は学生たちと同じ

大学二年生をターゲットにし情報を発信するための雑誌です。

 

KUAD_TIE01

架空の雑誌ですが、表紙や記事だけではなく

実際の雑誌のようには欠かすことのできない広告などの細かい部分や、

なんと!!ふろくまでも制作します。

先週の授業では、雑誌の構造やレイアウト、記事の特集について

話し合いがされていました!

 

KUAD_TIE04

KUAD_TIE07

特集を組む内容は、休日の過ごし方、映画や音楽など学生によってさまざまですが

読者に興味を持ってもらえるように、どのような切り口から情報を発信するか

特集の組み方を考えるのも大切なポイントです!

 

KUAD_TIE08目を凝らしながら、1ページに収まっている文字数もカウントしています…!

実際の雑誌のレイアウトや文字組を観察し、考察することも

つくるうえでは重要な作業ですね!

 

KUAD_TIE05

完成までの道のりはまだまだ遠いですが、

どのような「大学二年生」が完成するのでしょうか?

こちらでご紹介できるのを楽しみにお待ちくださいね!

 

 

スタッフ:ハシジ

 

関連記事

<186187188189190>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。