情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2015年11月4日  ニュース

在学生の絵本が出版!

イラストレーションコース4年生の新井萌未さんが制作した、

絵本の出版が決まりました!

_MG_2710_リサイズ

『ラブ・ボート』作&画/あらい もえみ 監修/かわ こうせい・秋山 晶

梧桐書院より12月18日(金)発売

京都では丸善・アバンティブックセンター ほか書店にて販売

 

この絵本は株式会社ライトパブリシティが主催する、絵本制作の

プロジェクトから生まれました。課題提出、面接等の選考を経て、

実際に絵本を制作するイラストレーターが決定されます。

新井さんは最初の応募から出版まで、およそ2年の歳月がかかったとの

ことで、その成果がようやく多くの人の目に触れることとなり、

教員・スタッフ共々とても嬉しいです!

出版に際して、作者の新井さんからコメントを寄せてもらいました。

 

///

 

長い時間がかかってしまいましたが、なんとか出版に至りました。

公募から今までの2年のあいだ、本当に貴重な経験をしました。

 

最初の公募では、昔からライトパブリシティさんの広告作品が好きだった

こともあり応募しました。

ですが実は、提出時間ギリギリで、課題は1枚だけ出して挑みました。

面接に進む事が決まり、課題提出では1枚しか出せなかった分、ポートフォリオや

絵本の構想などのスケッチを念入りに準備して行った記憶があります。

実際は、緊張しすぎて具体的なところは何も覚えていません……。

それから有り難いことに選んで頂き、プロジェクトが始動していきました。

コンセプトなどの深いところからライトパブリシティの方と一緒に

打ち合わせを重ねることが出来て、本当に良かったと思います。

_MG_2720

途中、ストーリー作りに難航し、最終的に私がストーリーも担当することに

なりました。ですが、コンセプトを共有出来ていたり、面接での構想や自分の絵と

関連づけることが出来たので、すんなり書けた気がします。

もちろんすごいプレッシャーでした。

そこからはラフスケッチを描き続ける日々でした。

OKが出ると、作画を描き続けました。

 

この頃はとにかく記憶がありません。たぶん、半分寝ながら描いていたと思います。

とにかく毎日毎日寝ても覚めても描き続けていました。

そのうち自分でもよくわからない時期がやってきて、何度描いても修正がくるので、

電話にビクビクしていた気がします。

一度、〆切を間違えていた事があり、その日が友達と旅行に行く日と

被ってしまいました。仕事持参で旅行にいき、宿でも早朝に描き続けた

ハプニングもありました。

 

そんな事があった後、10月に伺った印刷所で自分の絵が刷られていく様子を見て

とても感動しました。

_MG_2714

いっぱい迷惑もかけてしまいましたが、4年生の、今の自分がやれる事で

良かった面が多かったなと思います。

ライトパブリシティの皆さんも本当に優しくて、沢山の事を教わりました。

特にいつも相談にのって頂いた、柴田さん、かわ先生にはとても感謝しています。

 

自分にとって大切だった何かを伝えられるよう頑張って描きました。

手に取って頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

 

///

 

1冊の絵本にも、背後に作者の粘り強い努力があるのを改めて

教えてくれるコメントです。

 

12月18日の発売が待ち遠しいですね。

店頭で見かけた際にはぜひ手に取って、ページをめくってみてください!

 

書店での取り扱いは首都圏が中心ですが、京都でも

丸善、アバンティブックセンター、本学の画材屋・ADストアにてお求めいただけます。

また、インターネットからの購入はAmazonにて取り扱っています。

一人でも多くの人に読んでいただければ幸いです!

関連記事

<174175176177178>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。