情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2015年11月11日  ニュース

【告知】タイポグラフィ・グラフィックデザインの大御所、降臨!

 

情報デザイン学科では、タイポグラファー/グラフィックデザイナーの

ヘルムート・シュミット氏の特別講義を開催いたします。

schmid04

シュミット氏はポカリスウェットやMAQuillAGEのデザインなどを手がけられており、

世界中のデザイナーに影響を与える存在です。

今回の講義ではデザインの心得やタイポグラフィの役割をお話いただきます。

シュミット氏の創り出すなんとも美しいデザイン、

そのバックグラウンドにせまる大変貴重な機会ですので、是非足をお運びください。

 

本講義はdddギャラリーで開催中の展覧会「ニッポンのニッポン」 関連企画です。

そちらも合わせてご高覧ください。

 

 

ヘルムート・シュミット|Helmut Schmid 

1942年オーストリア生まれ。ドイツにて植字工の訓練を受けた後、

1960年代にスイス バーゼル造形学校にてエミール・ルダー(Emil Ruder)にタイポグラフィを学び、

各地で活動後、来日。以降、大阪を拠点に活動をしている。

主な仕事として大塚製薬 ポカリスウェット、エネルゲン、

資生堂 ELIXIR、IPSA、MAQuillAGEのデザインなど。

主な著作として『タイポグラフィ・トゥディ』(誠文堂新光社 1980,新版2003)、

『バーゼルへの道』(朗文堂 1997)、『japan, japanese』(朗文堂 2012)。

 

 

 

 

[特別講義〕

lecture_A4_01

日時|11月26日(木) 17:0018:30

講師|ヘルムート・シュミット氏

進行|佐藤淳 先生(情報デザイン学科)

場所|京都造形芸術大学 望天館1F B11ホール

※ 通訳付き

※ 聴講自由、一般聴講可

 

 

 

[展覧会〕

helmut-schmid-nippon-no-nippon-ddd-2015

会期|11月9日(月)–12月22日(火) 11:0019:00

   日曜、祝日休館

場所|京都dddギャラリー入場無料) 

 

 

スタッフ:モリカワ

 

 

—————— 記事カテゴリ一覧 ——————–

教員紹介 イベント ゲスト講義 情Dの日常

授業風景|1年生 | 2年生 | 3年生 | 4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

 

関連記事

<173174175176177>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。