情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2015年11月6日  ニュース

卒業生がデザイン賞を受賞しました!

 

秋も深まり、京都もますます観光客でにぎわい始めた今日この頃、

今回は嬉しい受賞情報のお知らせです!

 

2015年3月に卒業したばかりの

中島 麻里さんが

日本新聞協会主催の

2015年度「新聞広告クリエーティブコンテスト」にて

デザイン賞を受賞しました!

 

詳細はこちら!→

money_1030_02

「食」や「しあわせ」などの身近なテーマを、毎年1つピックアップし

新聞広告の活性化のためにおこなわれているこのコンテスト。

今年は「お金」がテーマということで、1,181作品もの応募があったようです!

 

受賞者の中島 麻里さんからも、コメントが届いています!

 

———————

 

2006年から始まった新聞広告クリエーティブコンテスト、

今年のテーマは「お金」でした。

お金というテーマについて考えはじめたときに頭に浮かんだのは、

ニュースでよく耳にする横領とか強盗といったネガティブなものばかりでした。

だからこそ暗い広告にはしたくありませんでしたし、

かといってキレイごとを言うほど世の中甘くはありません。

お金がすべてじゃない!というのはみんなわかっているのですが、

景気は上がったり下がったりで、

やっぱりあると気分が上がるし、ないと沈みます。

お金は今日もそうして世の中をまわっているんだなと思いながら制作しました。

 

———————

 

 

ふわふわと黄金の風船が浮き上がる様子が

楽しげでポップなイメージを出していますが、

「この世はマネーゴーランド」というキャッチコピーに

ドキッとおどろいてしまいますね。

 

大学を卒業し、社会で働きながらも

このようにコンテストに応募し活動している卒業生も

情報デザイン学科ではたくさんおられます。

限られた時間でも挑戦する気持ちを忘れないって大切なことですね。

 

中島さん、デザイン賞の受賞おめでとうございました!

 

 

 

スタッフ;ハシジ

 

関連記事

<162163164165166>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。