文芸表現学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年12月8日  授業風景

「表現」を仕事化する─特別講義・ヒビノケイコ

 

先日の「文芸論Ⅲ」(担当:村松美賀子先生)の授業では

4コマエッセイスト・ブロガーのヒビノケイコさんの特別講義が行われました。

 

2

 

京都の大学で陶芸を専攻していたヒビノさんですが

ものづくりをしている中で、暮らしと表現が離れていることに違和感を感じ

在学中の21歳の時に田舎暮らしをスタートさせます。

そして出産を機に、更に地域に根をはり子育てをしたいと考え、高知県嶺北地方に移住。

 

「田舎には仕事がない」と言われるなか、それならば自分で仕事をつくれば良いと

カフェ・ネットショップを起業します。

また田舎暮らしや子育てのことを漫画日記にし、ブログで発信したり

本にまとめて出版もされてきました。

 

yamacafe

 ヒビノさんが販売した『山カフェ日記』

 

 

常に「人の視点を広げ、ライフスタイルを多様化させたい」という思いから

様々なことに挑戦しつづけているヒビノさん。

どうすれば人に伝えられるのか、どのようなアウトプットがあるのか

ご自身の体験をもとに「表現を仕事化する」というテーマでお話していただきました。

 

 

IMG_1957

 

 

ヒビノさんは「自分の強み×できること×求められるもの」という答えの先に

新しい「仕事」の形が見えてくると言います。

 

自分の強みをよく理解し自己表現を確立すること、

そして常に変わりゆく社会の流れを読み、時代のスタイルを取り入れることが大切だとのことです。

 

今ある仕事以外にも自分の表現で「仕事」を生み出していけること、

また「仕事」にもこんなに色々な形があるのだと

学生にとっては、とても新鮮で刺激的な時間になったようです。

 

IMG_1929

 

ヒビノさん、ありがとうございました。

 

 

ヒビノケイコさんのブログ

「ヒビノケイコの日々。人生は自分でデザインする。」こちらから。

 

 

(スタッフ・鈴木真美)

関連記事

<7071727374>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。