情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2015年12月9日  ニュース

【受賞情報】my Japan Award 2015

 

今日は情報デザイン学科3年生対象の授業「構想計画」で取り組んだ、

my Japan Award」での受賞情報をお伝えします!

 

「my Japan Award」は日本に生まれるさまざまな価値を、クリエイティブの力で海外に発信することを目的としたコンテストで、2010年から始まり今回で6回目を迎えています。

 

テーマは「Local Culture 〜世界がビックリする、日本のローカルな文化〜」。

 

「典型的な日本のイメージを持っている若い外国人」をターゲットとした30秒の映像作品を、

<U-29部門>と<学生部門>といったふたつの部門に分かれて募集がありました。

 

なんと今回、学生部門において構想計画の受講生から受賞作品が3作品も出ました!

一挙にご紹介します!

 

————————

 

 中島信也賞 

fujii

「やさしさ飛び出す町」

代表者:藤井翼

共同制作者:白倉惇司 髙田瑞樹 吉内万貴

 

———————–

 

 河尻亨一賞 

taniguchi

「What are you doing?」

代表者:谷口篤史

共同制作者:Shoki Tanaka Yulino Nishikawa Kazuya Murakami

 

———————–

 

 伊藤直樹賞 

shinohara

「シカしかいないと思う?」

代表者:篠原美由

共同制作者:三宅晶子 柳原千遥 傳寳なつめ

 

———————–

 

どの作品も日常生活で気に留めていなかった独自の切り口で、

日本人の私でもはっとさせられるものばかりでした。

 

これからもみなさんの活躍を期待しています!

本当におめでとうございました!

 

 

スタッフ:小笠原

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

関連記事

<162163164165166>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。