情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2016年2月3日  授業風景

玩具をつくる 展示&プレゼンテーション!

1年生課題「玩具」の発表が行われました!

IMG_1639

これらの玩具は1年生授業「TIO」の最終課題として制作されたものです。

完成した作品の完成度ももちろん大切ですが、玩具を作るプロセスも同じくらい重要なのです!

どの作品にも、「玩具といえば・・・」「遊びといえば・・・」といったあたりまえの前提を

もう一度見つめ直し、リサーチした過程がかくれています。

問題を発見し、解決へ一歩踏み出すデザインをつくるためのエクササイズと言えるかもしれません。

 

と書いてきましたが、展示にはそんなことは抜きにして、純粋に楽しめる玩具がたくさん揃いました!

gangu008gangu005gangu004

gangu001gangu007gangu002

gangu006gangu003gangu009

100名を越える1年生の作品ともなると、自分と似たテーマを設定している人がいても、

与えた答えは違っていたりと、色々な人の作品をみることで、自分のリサーチが深められそうです。

gangu002

gangu003

gangu001

gangu004

展示の後にはプレゼンテーションを行いました。

自分の作ったものへの反応がダイレクトに返ってくる緊張の瞬間です!

それだけにうまく伝えられた時には、制作の苦労も吹き飛んでしまいそうですね。

gangu005

gangu006

4月の入学したばかりのころから、どれくらい成長した自分を感じられているでしょうか?

授業を通して身につけた観察力や探究心を忘れずに、これからも生かしていってくださいね!

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

関連記事

<142143144145146>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。