通信教育部

イベント

  • LINEで送る

2016年3月25日  イベント

【ランドスケープデザインコース】卒業制作展レポート

卒業制作展が3月13日より20日にかけて行われ、昨年の4月から1年間の成果が展示されました。

 

IMG_3057

今回は卒業制作展の様子を一部紹介します。

 

 

展示作業後の集合写真IMG_3009

卒業制作展での晴れやかな笑顔。学生は入学後の学習の進行に違いはありますが、年齢を超えた縦のつながり、そして同じ世界を学んでいるという横のつながりが強く、不安なく楽しい時間を送っています。

 

 

コース優秀賞 戸塚博子さんIMG_2983

コース優秀賞を受賞された戸塚博子さんは都市公園内で樹木葬ゾーンを形成し、あらたな都市林の管理方向を提案したもので、パネル内容と構成、そして模型の美しい仕上がりが高く評価されました。

 

 

本コースは社会人の方々の入学が多いこと、そして入学時にランドスケープデザインに関しての知識を持っていない方々がほとんんどということも特徴です。庭園や公園、広場のデザインや設計、日本庭園の歴史から空間構成、管理への興味、田園地帯や自然公園の風景計画など、広範囲な造園計画への興味、関心から入学されています。

 

今年度の卒業制作展でもそのことを反映するように、多様なテーマを扱った作品を見ることができます。デザイン科Web卒業制作展は6月30日まで開催中ですので、是非ご覧になってください。

 

ランドスケープデザインコースでは、社会性、時代性を背景としたテーマに取り組み、向上させたいと思っている方々が多く学ばれていますので、基礎から応用まで十分に応えることができるカリキュラムを用意しています。新たな自分の可能性を見出し、新たな時代を開拓したいと思っておられる方々を応援しています。興味を持たれた方は是非入学を検討してみてください。

 

ランドスケープデザインコース | 学科・コース紹介

関連記事

<207208209210211>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。