情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2016年5月13日  授業風景

【1年生授業】文字を知り、発信する

今回は、新校舎同様ピカピカの1年生の授業をご紹介します!

 

【コミュニケーション基礎Ⅰ】

その名の通り、デザインする上で欠かせない

「コミュニケーション力」等を伸ばす授業です。

デザインにコミュニケーションなんて必要あるの?と思うかもしれませんね。

実際の社会ではデザインの仕事は、デザイナーだけでは成り立たず、カメラマンやイラストレーターなどなどさまざま人たちと協力しながら進めていかなければならないので、コミュニケーション力を伸ばすことは、とても大切なんです。

 

初回〜3週目までは全クラス同じ内容でしたが、

4週目以降は、クラス毎に内容の異なる授業をローテーションで受けていきます。

IMG_3644

IMG_3642

 

IMG_3645

今回は5つのローテーション授業の中のひとつ

「BODY TYPE(担当:丸井栄二先生)」の授業内容をご紹介します!

IMG_3634

何やら大きい文字を壁に書いています、、、。

(新校舎豆知識:実はこの壁、全面ホワイトボードとなっているのです!)

IMG_3679

IMG_36824,5人のグループとなり、与えられた書体の中から好きなものを選び、

メッセージを書いています。

机上での作業ではなく、身体を使って大きな文字を書く事で、

そのフォントの特性を知ることができます。

IMG_3698

普段の手作業の範囲が拡大される事で、バランスをとる事がとても難しくなりますが、

そこはチームワークでカバーしていきます。

文字を書く人、遠くから眺めて全体のバランスを確認する人、指示する人、修正する人等、、、、

様々な役割をこなしながらメッセージを完成させていきます。

IMG_3699

想像力、判断力、発言力、行動力など、

様々な力が必要とされますね、、、!

 

完成後、他のグループの仕上がりを見比べます。

 

IMG_3706

今回の様に他者の視点を介してひとつのものを完成させるプロセスには

デザインをする上での様々なヒントが隠されています。

 

文字を知る事は情報を知る事に繋がり、

恊働する事で、行動力とコミュニケーション力を身につけます。

 

前期授業も中盤戦を迎えます!

これからも様々な授業を受けながら、新しい情報を吸収し、

デザイン力をアップさせていきましょう!

 

 

スタッフ:イトウ

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

関連記事

<107108109110111>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。