情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2016年6月1日  授業風景

【3年生】モーショングラフィック時計 制作成果発表!!

 

本日は情報デザイン学科3年生B領域の授業「総合演習」での作品をご紹介します!

 

調整

今回は授業の中で、モーショングラフィックスという映像表現を使って、

「60秒」をテーマにムービー作品を制作しました!

 

モーショングラフィックスとは、静止画としてのグラフィックデザインに動きや音を加え、

映像として、構成していく視覚表現です。

今回は「時間」という、誰にとっても平等で均一な時の刻みをモチーフに、

それぞれにアニメーションや実写など、さまざまな表現方法で展開しています。

 

この日は、完成した作品の合評会でした!!

知勇館1Fのギャラリースペースで、全員の作品を同時に投影して行います。

調整3

 

 

 

一人ずつ制作意図を説明し、自分の作品のプレゼンテーションを行います。

今回の課題担当は、千合洋輔先生です。

先生も身振り手振り、作品に対して熱のこもった講評をされていました!

色調整2

 

 

 

 

 

合評後は授業の成果展として、3日間の展示を行いました。

廊下沿いのギャラリーなこともあり、他領域の学生や先生方もたくさん観に来てくださいました。

 

展示を観に来てくれた、2年生の3人組。

それぞれに意見や感想を言い合いながら、新しい表現手法に興味新々でした!

 

展覧会をすることで、普段はあまり、関わりの無い領域の学生同士でコミュニケーションが生まれたり、

制作や合評とはまた違った気づきがあったようでした。◎

調整4

 

 

 

 

 

スタッフ/楠本
– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

関連記事

<116117118119120>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。