アートプロデュース学科

インタビュー

  • LINEで送る

2016年6月29日  インタビュー

【教員紹介】林田新先生~後編~

お待たせしました。新任の林田新先生紹介の続きです。

 

HAYASHIDA_ARATA

 【教員紹介】林田新先生~前編~

 

 

『林田先生にキャッチフレーズをつけるなら?』

というお題に、アートプロデュース学科の学生が出した答えと、それに対する林田先生のお返事です。

 

hayashida

 

そして、このブログを読んでくれている皆さんにも、先生からのメッセージをいただいています。

 

写真を中心とした視覚文化論を研究しています。写真とは不思議なもので、過去のことを教えてくれたり、芸術作品として観賞されたり、ときにはこの世ならざる心霊までもを写しだしたりします。このような写真は私たちとどのような関係を取り結び、また、社会の中でどのような機能を果たしているのでしょうか。皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

 

 

どんな先生なのかもっと知りたい!という高校生のみなさんには、7月23、24日に開催するオープンキャンパスがチャンス!

学科ブースには林田先生をはじめ、ASPの先生や在学生に直接話を聞ける相談ブースを設置します。

先生の専門について尋ねてみるもよし、先生の学生時代について聞いてみるも良しです!!

まずは気軽に参加してみてください。

 

■■■■■■■■■■■■■■■

入試対策オープンキャンパス

7/23(土)7/26(日)

夏コミ対策講座や、1、2年生向け企画も!

概要、申し込みはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

ASPer

 

asp

 

 

関連記事

<7172737475>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。