空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2016年8月31日  授業風景

【ファッション専攻2回生】夏期集中授業のようす

 

 

こんにちは。

 

ここ2.3日はさわやかなお天気ですね。

といってもお昼間はまだ暑く、

セミの鳴き声も聞こえますが、、、

 

季節の変わり目なので風邪等に気をつけたいものです。

 

 

 

さて!

 

8/29日からファッション専攻2回生対象の

夏期集中授業がはじまりました。

 

夏休み中ですが1週間の集中授業が開講されます。

午前中から夜までのまさに”集中”授業です。

 

 

 

 

 

今回のテーマは「red」。

「赤」がテーマです。

 

「red」に関連するビジュアル資料の収集や

レポートが事前課題として出されます。

 

実技ばかりではなくレポートや事前課題を経ての

ディスカッションも行われ、

双方が交互に行われながら授業が進んでいきます。

 

 

 

DSC_0012

ディスカッションの様子

 

 

 

 

そして

集めてきた資料を板に貼りつけ

ムードボードを制作していきます。

 

▽こちらがその様子。

DSC_0018

”red”にまつわる写真をたくさん持ってきています

DSC_0017

化粧品やペンのいろんな”red”

DSC_0016

DSC_0015

  DSC_0013

DSC_0014

赤い花を持ってきている学生もいました。

 

 

この授業では、最終的にひとり1体制作します。

その為テクスチャー研究にも取り組んでいます。

 DSC_0009

DSC_0008

DSC_0007  DSC_0021

 

 

 

1週間という期限の中での制作はハードですが

みんなもくもくと手を動かしてがんばっています!!

 

どんな作品が出来上がるのか楽しみです。

関連記事

<5051525354>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。