情報デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2016年11月28日  イベント

世界のアニメーションが集う!国際アニメーション・デー2016 in 京都を開催しました!

11/3(木・祝) 京都造形芸術大学 智勇館1階にて

国際アニメーション・デー 2016 in 京都を開催しました!

 

kyoto2016_A4_160921OL_3_配布用

 

国際アニメーション・デーとは

広島で開催される広島国際アニメーションフェスティバルで受賞した作品や、

世界中から集められたアニメーション作品を上映し

アートアニメーションの素晴らしさや面白さを広めていこう!という催しで、

情報デザイン学科では毎年恒例の欠かせない行事となっています。

 

主催者であるASIFA-JAPAN会長木下小夜子さんにもお越しいただき、

わくわくとした雰囲気の中、上映がスタートしました!

 

kuad01

今年の上映プログラムはこちら↓

第1部 ポーランドのアニメーション

第2部 広島国際アニメーションフェスティバル受賞作

 

世界から集められたアニメーションということもあり、

英語字幕や英語での吹き替えのためストーリーがわかりにくい…!と思いがちですが、

そんな言葉の壁を、キャラクターの動きや音楽を使って超えてしまうのが

アートアニメーションの面白い点のひとつです。

 

油絵、切り絵、カラーフィルムなど様々な技法で制作された作品では、

アナログならではの表現に見入ったり驚きながら

上映はあっという間に終了しました!

 

kuad02

また、今回、ご遺族の方のお許しを得て、

2011年に急逝された相原信洋先生が研究室に遺された書籍の形見分けを行いました。

 

相原先生は情報デザイン学科でアニメーションを教えながら

アニメーション作家として活躍され、

とてもユニークでチャーミングな、学生から慕われる本当に素敵な先生でした!

 

kuad03 kuad04

相原先生を知る人も知らない人も書籍を手に取り、

それぞれ新しい場所へと旅立って行きました。

先生を思い出しながら研究や制作に是非生かしてくださいね!

 

————-

相原 信洋/Nobuhiro Aihara

東京のデザイン学校を卒業後、アニメーション会社でTV・劇場用作品を多数手がける。

1965年より自主制作を始め、映像個展およびワークショップを国内各地、ヨーロッパ等で開催。

精力的に作品を発表し、世界各国で招待上映される。

ASIFA-JAPAN(国際アニメーションフィルム協会日本支部)の理事を長く勤め

アニメーションアートの発展に力を注ぎました。

また、今回の講師である木下小夜子さんとは公私を超えた友情で結ばれていました。

そのご縁でこのイベントが実現しました。

————-

 

 

 

スタッフ:ハシジ

 

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

関連記事

<6162636465>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。