情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2016年12月16日  授業風景

【2年生】表現基礎ⅡA:アニメーション基礎

2年生の選択授業、表現基礎からアニメーション基礎の授業を紹介します。

担当は池田亜耶子先生です。

 

IMG_2540

IMG_2539

 

なにやら不思議な円形の用紙に絵を描いていますが

これは一体なんでしょうか?

 

IMG_2514

 

これは驚き盤(フェナキストスコープ)といって、アニメーションの原型です。

回転させた驚き盤のスリットから鏡に映った絵を見ると動いて見えるんです!

 

一体どう見えているのでしょうか?

 

 

これまでに学生が制作した驚き盤をダイジェストでいくつかご紹介します。

 

 

 アニメーション基礎_驚き盤(フェナキストスコープ)

 

 

この授業では他にも

16mmフィルムに直接描き込んだり削って映写するフィルムペインティングやシネカリグラフィ、コマ撮りソフトを使用して作るカットアウト・アニメーションなどアナログ技法を中心としたアニメーション実習をします。

 

 

アニメーション基礎_カットアウト・アニメーション

 

 

 一コマ一コマ描き、一つの映像になっていくアニメーション。

この授業を通して、モノの動き、時間軸の特性を捉えながら仕上げていきます。

 

普段描いているイラストレーションとは違う思考が必要とされるアニメーションですが、

実際に描いた静止画が動いているのを見ると、重ねてきた作業が実を結んだ実感があるのではないでしょうか!

 

 

 

 スタッフ/アベ

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

関連記事

<6566676869>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。