歴史遺産学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年6月7日  授業風景

歴史遺産学演習Ⅰ Cクラス~授業3回目~

Cクラスでは、引き続き自治体の資料館からお預かりしている民具の保存修復作業を行っています。

この授業では、前半3回が民具の保存修復を行う実習、後半3回が京都市内の文化財庭園を対象とした調査と活用法について学ぶ予定となっているので、保存修復・処理後の記録(報告書作成)は今回が最後となります。

 

 

 

 20130516-c1

虫損による欠損部に樹脂を補填し、強化処理を行っています。

報告書作成のため、作業記録をしながら処理をすすめていきます。

 

 

20130516-c2

木の間につまった虫の巣をピンセットで除去しています。

 

 

20130516-c4 

虫損部にエポキシ樹脂を補填する作業です。

 

20130516-c6 

補填部の整形を行ないます。

 

20130516-c3 

処理後の写真撮影。

 

20130516-c5 

撮影した写真はすぐに確認します。

 

 

 

 

 

次回は実際に民具を収蔵している博物館と、日本庭園を見学に行く予定です。

 

 

関連記事

<174175176177178>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。