キャラクターデザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年3月15日  ニュース

ACジャパン広告学生賞にて、グランプリ・準グランプリ含め大量授賞!

 

 

こんにちは。副手のノブモトです。

 

3月10日(金)、「第13回  ACジャパン広告学生賞 表彰式」が電通ホールにて行われました!

 IMG_1918

 

「ACジャパン広告学生賞」テレビCM部門に毎年応募していたキャラクターデザイン学科ですが、今年度は新しく設立された「新聞広告部門」にも作品を応募。

 

その結果、「テレビCM部門・新聞広告部門」合わせて、

 

グランプリ準グランプリを含め、計5作品が優秀賞以上を受賞しました!!

 

(奨励賞も含めると計8作品のノミネートという快挙です!)

 

 

 

受賞作品の紹介と表彰式の模様をお届けします。

 

 

 

【テレビCM部門:指導教員・野村誠司】

ikeda https://youtu.be/HL1LvfS8X6c

 

<優秀賞> 2回生 池田真友さん 『きれいにすること』

 

 

 

 

【新聞広告部門:指導教員・太木裕子】

Saegusa

<グランプリ> 3回生 三枝瑞季さん 『野良猫クレーン』

 

 

 

tanaka

<準グランプリ> 3回生 田中麻央さん 『変わらないこと』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kuniyoshi

<優秀賞> 3回生 國吉優希さん『世界に頼る文化遺産』

 

 

nakamura

<優秀賞> 3回生 中村碧さん『ものさし』

 

 

 

<奨励賞>

nakahara

3回生 中原千晶さん『ひつじ』

 

hiyujon

3回生 許 有廷さん『シロクマ』

 

 

akiyama    

3回生 秋山侑香さん『パフォーマンス』

 

 

※掲載作品は全てACジャパン広告学生賞応募データです。

 

 

 

グランプリ・準グランプリの2名は登壇後のスピーチで作品について話してくれました。

 

IMG_1991 

祖母の認知症が今回の作品を作るきっかけになったという田中さん。
ほのぼのとした優しい絵柄で認知症介護の問題を広く訴えています。

 

 

IMG_2011 IMG_saegusa 

自身もハリネズミを飼っているという三枝さん。ハリネズミがブームとともにペットとして飼われ、その後世話の大変さに捨てる人が多いという問題をきっかけに〔動物虐待〕をテーマに作品を制作しました。

 

可愛らしい絵にインパクトのあるコピーが印象に残ります。

 

 

IMG_2060 

(左から 國吉さん、中村さん、三枝さん、田中さん、池田さん)

 

 

 

みんな私たちを取り巻く今の社会問題に対する問いかけを見事に形にしてくれました。

受賞、本当におめでとうございます!

 

 

 

 

 

グランプリ、準グランプリを受賞した新聞広告作品は7月から全国紙の一部地域にて掲載されます!

 

今後もキャラデの学生の活躍にご期待下さい!

関連記事

<1516171819>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。