情報デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2017年3月17日  イベント

さよなら望天館!また会う日まで!!

少しずつ春の訪れを感じられるようになった今日この頃、
老朽化及び学園のキャンパス整備計画の一環として、
解体、建て替え工事か開始される望天館の
お別れセレモニーが開催されました!

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_10fe

1977年の京都芸術短期大学開学当時から学園の象徴として建ち、

様々な歴史を経て

2001年からは情報デザイン学科の授業教室として

数多くの学生達の側にあった望天館。


授業教室だけではなく、

大型出力や機材貸し出し、パソコン作業の場となったマルチメディア工房。

木材や金属などの加工や、立体物を制作するための立体工房。

シルクスクリーン作品の制作場所の印刷工房などの施設があり

作品制作には欠かすことのできない場所にもなっていました。

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1142

セレモニー当日は望天館で学んだ卒業生や、

教職員、学園長、理事長による望天館のエピソード紹介もあり

長い長い望天館の歴史を振り返りながら

当時の光景を思い描き懐かしんでいるようでもありました。

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1118

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_112b

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_113a

また、同時に望天館の廃材の一部をウクレレ制作の材料にして、

新たにウクレレを制作することで建築物の保存を目指す

「建築物ウクレレ化保存計画」の制作が開始されました!


材料となる木材を求めて

各教室を巡り、思い出深い場所や印象に残っている場所に

目印がつけられて行きます。

ウクレレとなった望天館からはどのような音色が聴こえるのか

今から楽しみですね!

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_115f

そして、2年間の工事期間を経て、

望天館は新望天館へと生まれ変わります!

しばしのお別れとなりますが、

また会える日を楽しみに待ちましょう!!

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1140

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1176

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_116d

スタッフ:ハシジ

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

関連記事

<2526272829>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。