歴史遺産学科

日常風景

  • LINEで送る

2017年4月7日  日常風景

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!

こんにちは!歴史遺産学科副手です。

つい先日卒業展を終え卒業生が巣立ったところですが、新学期を迎えました!

歴史遺産学科は30名の新入生を迎えています。

 

 

●学科オリエンテーション

4/4入学式後、学科オリエンテーションを実施しました。

 

まずは先生方の自己紹介。

DSC_0020

 

そしてひとりずつ自己紹介。ドキドキです。

DSC_0056

 

自分について、やりたいこと等々お話してもらいました。

早く慣れれると良いですね!

 

 

 

●学内キャンパスツアー

4/5入学式の翌日、学内の様々な施設を回る学内キャンパスツアーを実施しました。

DSC_0010

 

階段をのぼり、

DSC_0100

 

ひたすらのぼり一番上まで目指します。

 

 

DSC_0035

 

目指した先の松林館屋上では見頃の桜もきれいに咲いていました。

 

DSC_0022

 

見晴らしもとても良いものです。

 

DSC_0031

 

 

その他、様々な施設を回りつつ、直心館1階の実験室、研究室にも足を運びました。

ここでは普段先生方や先輩方がどんな事をしているのかお話していただきました。

 

DSC_0128 DSC_0070 DSC_0064

 

初めて見るものやお話に新入生達は釘付けでした。

これから自分の興味のあること、したいことにどんどん積極的に取り組んでいってほしいと先生方からお話いただきました。

 

まだまだ分からないこともあるかと思いますが、皆さん徐々に慣れていきましょう!

関連記事

<2122232425>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。