通信教育部

イベント

  • LINEで送る

2017年4月10日  イベント

4/9(日)通信教育部 入学式のご報告

 

こんにちは、通信教育部 事務局です。

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!

昨日、京都瓜生山キャンパスにて開催された通信教育部の「入学式」のご報告です。

 

今週は雨が続いていましたので、桜が散ってしまうのではないかと心配していましたが

無事に雨もあがり、満開の花びらが新入生を迎え入れてくれました。

IMG_8388

瓜生山キャンパスは山並みに沿って校舎が建てられていますので、会場の「直心館」まで登ってこられた新入生の皆さんは、階段の長さに驚かれたかもしれませんね。

17862635_1664382973576184_3487596559759821550_n

17798948_1664385453575936_6957746860770794426_n

 

今回は「入学式」の生中継をWeb上でおこなった為、あいにくご都合で会場まで来られなかった新入生の皆さんも、全国各地からこの特別な時間を共有されていたことと思います。

 

「入学式」の様子はこちらから(YouTube)

 

 

まずは、本学教授の松平定知先生による、本学の理念「京都文藝復興」の朗読から式がスタートしました。

IMG_8139

尾池学長からの式辞、東北芸術工科大学の根岸学長からの祝辞と続きます。

17523267_1664386626909152_3937238495203876958_n

IMG_8165

そして本学名物の和太鼓の演奏です。

会場中にお祝いの演奏が力強く響き渡りました。

IMG_8193

17800483_1664387283575753_8977823250773795560_n

続いて、入学生を代表して、大学院の日本画分野に進学された永野さんより「入学の辞」をお読みいただきました。(内容は後ほどご紹介します!)

IMG_8234

徳山豊理事長より歓迎の辞です。

IMG_8256

 

最後は学園歌「59段の架け橋」を斉唱しました。

新入生の皆さんにとっては初めて耳にする学園歌ですが、卒業される頃には、思い入れのある特別な歌になっているかもしれませんね。

IMG_8283

 

 

それでは最後に永野さんの「入学の辞」のお言葉を紹介させていただきます。

 

17800281_1664388113575670_350334667426758192_n

———————————————-

入学の辞

入学の許可をいただき、春の暖かな雨が頬を通り過ぎていくなか、今こうして入学式にのぞむことができました。

このスタートラインに立つまでも色々とお世話になった方々がいます。まずは感謝をしなければならないと思います。

と共に、この瓜生山に集まった学友の皆さん、インターネットを通じて参加されている学友の皆さんの、ここに至るまでの道程や経歴、大学への夢や希望や目的は、様々でありましょうが、それら全てを言及すべく術を私は持っておりません。その点、ご容赦をいただきつつ、私の思いを述べさせていただきます。

 

私は本大学を卒業し、大学院への進学を決意しました。

大学入学当初、通信教育とはどのような学習形態なのかを想像できませんでした。

しかし、いま現在、通信教育は意義ある学習形態だと言えます。

通信教育は、「学ぶ」を意識したそのとき、その瞬間、私の居るその場所がキャンパスになります。

電車やバスの中であろうと、仕事や家事の最中であろうと、意識がそこに向かうと、そこが「学び舎」になります。

机に向かって講義を聞いてノートをとり、レポートや試験を、なんとか切り抜けるといった従来の大学とは大いに異なる学びのスタイルなのです。

年齢、性別、場所によらない本来のあるべき「学ぶ」「学び続ける」といった生活が実現できるのです。これを進化させ続けている大学の姿勢に感服するとともに、この制度、システムを存分に利用させていただきたいと思います。

 

もちろん通信教育には苦しいことも多々あります。

例えばスクーリングです。事情により受講できず予定より長く在籍することになりました。在籍しても楽しい思い出が増えました。

また、課題やレポートの作成においては、質問するとすぐに返答がくるわけではありません。

ああでもない、こうでもないと悪戦苦闘しました。

一人で取り組んでいると、孤独感から、撤退しようと思うこともありました。

しかし、この一人で格闘している時間こそ学びの重要な課程であり、そして課題に取り組む、創作に没頭する、そういった状況そのものが実は自分自身を高め、芸術に向かっている純粋な時間こそが至福の時間であることに気付きました。

その結果として、先生方の批評、講評は何度も読み返し、思い返し、新たな創作への意欲を掻き立たせてくれます。また、苦しい体験を共有しているがゆえに、全国各地に語り合える学友が出来たのも、通信教育ならではのメリットだと思います。

これから始まる学生生活において、先生、専門家の方々、学生生活を支援してくださる事務局ならびに関係者の皆さん、新たにこれから出会い、励まし合う学友の皆さんに、厳しくも温かい教えと導きをお願い申し上げます。

 

最後に、利休百首に「その道に 入らんと思う心こそ 我身ながらの師匠なりけれ」とあります。美しいとはどういうことか、芸術とは何か、芸術と社会はいかに結びついているか、また結びついていけばよいのか、そして何より「人間とは何か」を問い続けたい。

知識を広め、理解を深め、技法を身につけ、自分の表現を探求、研究することの決意をここに表明して、入学の言葉と致します。

平成二十九年 卯月九日

京都造形芸術大学 大学院 芸術環境専攻 美術工芸領域 日本画分野 永野 孝一

————————————————–

 

 

改めて、新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

実り多き学びの日々を、共に創っていきましょう!

 

 

 

2017年4月入学、4/14(金)まで出願受付中!

http://www.kyoto-art.ac.jp/t/shutsugan/

 

ご不明な点はお気軽にご質問、ご相談ください。

京都造形芸術大学 入学課(月〜土:10〜17時)

0120-20-9141

お問い合わせはこちらから

https://www.kyoto-art.ac.jp/t/contact/contact_form/

関連記事

<9596979899>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。