情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年4月19日  ニュース

デザイン誌「アイデア」に卒業生が掲載されました!

 

京都は連日20度を超えるあたたかい日がつづいています。
満開の桜もすっかりピンク色の美しいじゅうたんに姿を変えました。

 

さて、今日は卒業生の活躍をご紹介します。

情報デザイン学科の卒業生である 赤井佑輔さん(2010年度卒業)と 仲村健太郎さん(2012年度卒業)が、
雑誌「アイデア」最新号(377号)にて紹介されています!

 

20170407132404

今号は「グラフィックデザインの〈め〉新世代デザイナー21人の姿勢」と題され、
今をときめく若手グラフィックデザイナーの方々の特集が組まれています。

 

赤井さんと仲村さんは “「協働・共感」のゆくえ” をテーマに、

大阪・京都を拠点とするグラフィックデザイナーの代表として対談をされており、
学生時代の取り組みや、手がけられてきたお仕事についてじっくりと4ページにわたりお話されています。

 

詳細はこちら →  ★ 

 

紙面で紹介されている方たちの「略歴+アンケート」のコーナーがあるのですが、
仲村さんは情報デザイン学科の教授である佐藤淳先生が教鞭をとられているタイポグラフィの授業に影響を受けた、と書かれていました!

一方、赤井さんが在学中にデザイン用語を元にした楽曲を歌うクリエイティブアイドルユニット「情デKIDS」の
ボーカルとして活躍されていたのは有名な話ですが、なんと略歴欄にばっちりと掲載されていました…!

 

情デKIDSが気になる方はこちら →  ★ 

 

紙面ではおふたりが手がけられた作品も掲載されていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

益々のご活躍を研究室一同たのしみにしています!

 

 

スタッフ:小笠原

 

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

関連記事

<4041424344>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。