美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年4月21日  授業風景

【日本画】1年生初めての課題

こんにちは!日本画コースです。

 

新学期が始まってもう一ヶ月が経とうとしています。

1年生総勢44名の仲間は、皆毎日一生懸命授業をこなしています!

 

今回は初めての課題である、『友人を描く』の風景をお伝えします。

 

この課題は毎年行っているもので、

時間を決めて順番に友人を描くのですが、

グループの中で一人がポーズをとり、他の人は周りを囲んで筆と墨で描いていく、

という流れです。

 

鉛筆で描くということはなじみがあるかもしれませんが、

大胆に筆を使って墨で描く、ということは初めての人も多かったのではないかと思います。

 

でも、皆慣れてくると筆運びがさまになり、力作が出来上がっていました!

 

_MG_9312

 

●かっこいいポーズです

_MG_9317

 

 

 

 

 

_MG_9316_MG_9320

 

 

_MG_9323

 

 

 

 

 

●外からの自然光も良い表現に繋がりそう

 

 

 

 

_MG_9325

 

 

 

 

 

 

 

 

●こちらは立ちポーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●乗り出して描いています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●墨の濃淡を調整して描いたり。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ●皆真剣です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉛筆と同じように、墨でも色々な表現が出来ます。

濃さを調整したり、筆を上手く使って細さを調整したり、垂らしてみたり。。。

 

また、隣人を描くことによって、より皆との交流が深まったのではないかな、と思います!

 

 

この課題はこれで終わり。

次は瓜生山の好きなスポットで、木炭粉を使って『手で描く』という課題に入ります。

毎回晴れると良いな。。。!

 

以上、日本画コースでした!

関連記事

<3132333435>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。