通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2017年5月17日  授業風景

【染織コース】「型染の風呂敷」スクーリング

5月13日から「型染の風呂敷を染める」スクーリングが行われました。
このスクーリングは前半の「型染の風呂敷をデザインする」を受講したのちに受けるスクーリングです。最初の3日間でスケッチから風呂敷のデザインを考え、型紙を掘り上げます。
さて、後半の3日間は糊置きからスタートします。兼先先生の糊置きのデモンストレーションです。
1

4回送りになっています。隣同士、糊を潰さないよう慎重に糊置きをしていきます。
うまく糊は置けたでしょうか?2

型紙を洗うこともテクニックが必要です。型紙に負担を掛けないよう慎重に水を流します。3

ツリを直します。4

色草稿を確認しながら、染めていきます。5

元気の良い、明るい色彩があふれています。6

糊を水で洗い流します。この作業を水元(みずもと)といいます。7

アイロンを掛けて仕上げます。8

型染めの風呂敷の出来上がりです。
この後、合評会が始まります。9

兼先先生の的確なコメントに納得です。10

素晴らしい作品が並びました。
今回のスクーリングで型染めの面白さに開眼したのではないでしょうか。

みなさん、お疲れ様でした。

 

染織コース | 学科・コース紹介

染織コースブログ

 

 

関連記事

<8485868788>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。