情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年5月19日  ニュース

【授業紹介】日常の観察・解体

 

だんだん日差しが強くなり夏を感じる季節になって来ました。

 

情報デザイン学科ではゴールデンウィークも終わり、本格的に専門授業が始まりました。

入学当初に比べるとみんな徐々に緊張がほぐれてきたように感じます。

 

 

さて今回はビジュアルコミュニケーションデザインコース1年生の授業「コミュニケーション基礎」をご紹介します。

 

 

IMG_3311

4、5人のグループに分かれ机に向かい、黙々と何かに取り組んでいます。

 

 

 

近くに寄ってみると・・・

 

 

アップ2

こ、これは・・・!

 

そうです!なんと、カップヌードルを解体しています!

 

 

この授業では「日常の観察と分解」をテーマとし、今回は「食とパッケージ」の観察・分解を行なっていたのです。

前回はカップヌードルの中身、今週はパッケージの観察と分解を行いました。

IMG_3318

グループごとにそれぞれ分解の仕方や並べ方が違い、

同じ素材にも関わらず様々な表情が作られていました。

 

 

 

アップ

文字1文字1文字を切り抜いてるグループ。仕事が細かい!!

 

 

 

 

 

アップ3

しっかり具材も大きさ順に並べているグループもありました。わかりやすいですね!

 

 

5月末には「食とパッケージ」の展示を授業内で行うそうなので、後日その様子をお届けしたいと思います。

ここからどんな成果物が出来るのか今から楽しみです!

 

 

 

スタッフ:カゲヤマ

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

関連記事

<2829303132>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。